頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 屋敷林伐採計画

らいじょう日記

2012.11.24屋敷林伐採計画

砺波は散居村の風光明媚な田園風景とあづま建ちで有名ですが、その屋敷の防風林の役目をしていたカイニョと呼ばれる木が大きくなりすぎ、逆に近年の強風で倒木の恐れがで住宅に損害を及ぼす危険が増えてきました。

今回そのような相談を受けて木を伐るのとその木を活かしたいと言うことで伐採計画を実行する運びとなりました。樹齢100年を超す杉の木を3本、ヒバ1本、100年足らずの杉2本+60年前後の杉の木5本そして屋敷まわりの雑木。

樹齢200年くらいと思われる木もあり、神が宿っているかも知れません。そこで樹の命を頂くにあたり昇神して頂くために神主さんにお祓いをして頂く運びとなり昨夕同席させて頂きました。

家(その土地の)の氏神様をまつり、その後杉の木のお祓いをして頂きました。

 

さすがに暗くなって神様のお姿は拝見できませんでしたが、昇神されたと思います。happy01

伐採の折にはしっかりと年輪を数えたいと思います。

今日は総動員で明日の感謝祭の準備。しっかり準備万端となりました。

お天気も良さそうですし是非いらして下さい。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ