頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 簡易床暖房

らいじょう日記

2012.01.07簡易床暖房

わが家で使っている開放型石油ストーブを利用した床暖房を設置してきました。

内窓工事の下見に行った際に、広いLDKに石油ファンヒーターを2台も置いてあったので提案。

即つけましょうと言うことになり手配。年末だったので品物の入荷はならず今日組み立ててきました。東北地方を中心に販売している品物なので富山の方には殆ど知られていません。富山の方々はすぐ本格的な床暖房工事をされるのであまり需要がないようです。わが家はかれこれ25年前くらいからずーっと愛用しています。

仕組みは至って簡単。昨年の大震災で電気が無くても使えると言うことで人気をぶり返した開放型石油ストーブの上に熱交換のラジエターを載せるだけのいたってシンプルなもの。後は床暖房用のマットを敷いてその上にカーペットを重ね、出来ればこたつを載せて布団を掛ければ完了。コタツも下から暖まるのでエネルギーはゼロ。部屋の温度はそんなに上がりませんが(わが家で厳冬期で18℃くらいです)床マットの上にいれば暖かくて快適。

簡素な仕組みです。

こんな感じでストーブが温めてくれた温水を循環ポンプで廻すだけ。

今回困ったのは、ストーブ自体が品薄で店頭に並んでいる在庫しかなかったこと。コメリ、カーマ、ヤマダ電機、ムサシと4件も廻り何とか目にかなったものを購入。

一般的には、このタイプであればどこのメーカーでも取り付け可能です。

今回は3畳タイプでストーブ付き、絨毯は別で約11万円で仕上がりました。既存住宅の省エネ快適暖房にぴったり。温風ヒーターのあの不快な風もありません。

ただ困るのは、ついついここで寝てしまうことかな?

今晩から活躍していると思います。

リビングの窓に内窓をつけてエコポイントをもらって、快適な簡易床暖房も利用してみませんか!?


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ