頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 構造材の検査

らいじょう日記

2011.09.13構造材の検査

堀川本郷の家の木材検査に、野村木材さんまで行ってきました。

お施主様と行きも帰りも木のお話をさせて頂きました、本当は山の話を聞きたかったのですが時間が足りませんでした。

ついて早々に木を見てもらいました、野村さんの息子さんからの説明を受けます。

2階の大きな梁 長さ8.2mの30センチ角の丸太梁です。

さすがに大きいです。家の端から端までを一本で通しました。

お気に入りの幅18センチ梁背45センチの梁と一緒に記念写真。

とやまの木でも十分にこんな大きさの物は取れます。

木の乾燥もチェック、皆20%を切っていました。乾燥の技術が定着したようです。

床のフローリングも水分をチェックしたら16%でした。これならそんなに伸縮が激しくなさそうです。

野村社長さんの得意な節埋め機にお施主様も関心を示されます。さすがにエンジニアかな?

お施主様にとっては初めての経験で大変喜んで頂きました。

今度はプレカット工場も見に行きます。幅16センチ以上の木は全て手加工になります。大工の技術と近代技術の融合という所です。今日はお疲れ様でした。

多分帰りには基礎工事の現場も見て行かれると思います。happy01


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ