頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 家具が入りました。

らいじょう日記

2014.08.23家具が入りました。

北代の家に富山で育った木の家具が入りました。ダイニングはお子様が小さいのでベンチにしました。腰板はご主人の実家から切り出した桐の板を使わせていただきました。和室の床の間。框は栗の木、床板と腰板は桐の木を。この木も実家から預かっていました。落ち着いた小ぶりの畳の間になりました。ちゃぶ台も富山で育った木で造って頂きました。2階のフリーカウンター。家族みんなで使います、この木は実家の屋敷林の木を使わせて頂きました。どんどん家族の歴史を刻んでほしいものです。

5年前にご両親と縁がありその時に預かっていた木、何かの時には使えたら良いなと言うことで宛ても無いときから預かっていて、もう十分に乾燥していました。玄関式台板は幅広の板を使いたく弊社の手持ちの板を出させて頂きました。これから敷地にこどもと遊べる庭を造り、朝の食卓に取れたての野菜を並べるように菜園造りもこれからです。家族の協働作業で豊かな暮らしになるでしょう。

朝起きたら東の窓から見える立山連峰を拝み、庭に出ての協働作業も剱岳に見守られながら暮らす。富山と暮らすリッチな暮らしになるでしょう。

ちなみに完成内見会はこの8月30・31日です。

 


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ