頼成工務店HOME < 富山の家 < 富山の光と風の隣で始まる心地よい暮らし【平屋】

頼成の施工実績のご紹介です

富山市水橋 S邸  2018年7月完成 20〜30坪

富山の光と風の隣で始まる心地よい平屋の暮らし


DSCN8633_加工

建て方の日。庭に生えていたケヤキを桁として用いました!

「わたしだけの空間が欲しい」と、昔からの夢でもあった家づくりを考え始めたお施主様。なかなか納得できるものに巡り会えなかった時にらいじょうで「杉の木の床」に出会い「この床の上で寝転がりたい!」と一目惚れ。
肌触りのいいとやまの杉の木がふんだんに使われた平屋ができました。

こだわりの木製格子戸を開けると、ふわっとやさしい木の香りに体が包まれ、帰ってきた安堵感があふれます。

東向きに大きな窓のあるLDKにはお施主様が大切に保管されていた無垢の木を3本使いました。
槐(エンジュ)は梁に、欅(けやき)は桁に、桧(ひのき)は柱に。
昔遊んでいた木が今度は自分の家を支えていてくれると思うとより愛着が増します。

小さな頃から生活の一部となっている庭と立山連峰を眺めながらの暮らし。
「キッチンに立ってもお庭が見たい。」というお施主様のご要望をアイランドキッチンで実現しました。
キッチンタイルも自分好みのものを貼り合わせ、お気に入りの場所に。ちょっと腰掛けて外を眺めながらのお茶タイムも豊かな時間を与えてくれます。

寝室も立山が見られる東向きに。立山や朝日に「おはよう!」と言って起きると目覚めもきっといいですね!

電気やエアコンに頼らず、窓を開けると風が抜け、やさしい自然光でくつろげる空間。
自分の手の届く範囲でメンテナンスのしやすい、暮らしやすい家。
せっかく建てるならこだわってお気に入りの家づくりを始めませんか?

 


● 建物概要

DSC_7098_加工
ご住所 :富山県富山市水橋
竣工年月:2018年7月
延床面積:77.01平方メートル(23.25坪)

ページの先頭へ