頼成工務店HOME < 家づくりのコンセプト < 環境

家づくりのコンセプト

ルームエアコン1台で冷暖房・換気・除湿が出来る。次世代全館空調「マッハシステム」
「マッハシステム」とは、お住まいをルームエアコン1台で冷暖房ができ、同時に換気・空気浄化・除湿をおこなうことが出来る、次世代全館空調です。

詳細はこちら→ マッハシステム
建築物総合環境性能評価システム「CASBEE」
CASBEEとは、お住まいが周りの環境にどれくらい優しいかを示すものです。いろんな視点から評価をして、評価シートを作成いたします。環境に、より良い住まいを造るため、取り組んでいます。

詳細はこちら→ CASBEE評価シート(PDFデータ)
頼成工務店では、環境にやさしい取り組みをしています


OMソーラーシステムは、太陽熱を利用すると同時に、空気を利用するという点が大きな特長です。

どの家の屋根にも太陽エネルギーは降り注いでいます。この屋根に受けた太陽エネルギーを、軒先から空気を取り入れて温め、屋根のてっぺんの下に設けられた集熱箱に集めます。
屋根にあるガラスは、強化ガラスで集熱温度を高くするため、置いているだけです。
集熱空気が一定の温度に達すると、唯一の機械箱であるハンドリングボックス内にあるファンが回りだして、季節にあわせて、冬には床下に送って床暖房に利用したり、夏の昼間には外に排出して屋根からの輻射熱を迎えたり、夜には夜間冷気取り込みに利用したり、また同じ機械箱にあるデュアルコイルに熱い空気を通 過させることで給湯に利用したりします。
冬に床下に送られた熱い空気は、土間コンクリートに蓄熱されます。これは、熱がほどよく伝わるコンクリートの性質を利用したものです。蓄熱された熱は、夜になって室温が低下すると共に、ゆっくり放熱してくれて、部屋を暖めてくれます。
又、暖房時にかぎらず、普段何気なく生活している中でも、室内の空気は汚れています。OMソーラーは、新鮮な外気を室内に取り入れ、換気口や隙間などから自然に排気します。これは、まさに「呼吸する家」といえましょう。
また、雨や雪の降る日など、太陽エネルギーに期待できない日には、補助暖房が自動的に作動するやり方も整備されいます。 このように、システムの仕組みは簡単ですが、気まぐれな自然が相手です。地域が変われば条件も異なります。OMソーラーでは、そのためのシミュレーションが用意されています。
その他、断熱性能チェック、集熱で得られる空気温度・熱量チェック、お湯採り温度チェック等の、データーに基づいて建物の性能を予測します。また、OMソーラーは、省エネパッシブの割増融資が受けられます。 詳細はこちら→ OMソーラー

ページの先頭へ