頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2019.01.14
今年も隆盛に燃え上がりました。

道島・上野集落全員掛かりで造った左義長、大きな炎となり燃え上がりました。s-02準備左義長3役員が前日からかかって伐りだして頂いた孟宗竹45本。

13日、午前中で組み上げました。

夕方5時前からかがり火に火を付けて準備、s-03かがり火 今年の新総代さんが左義長について解説・挨拶。

s-04点火セレモニーお宮さんで新たに火起こしをして運んだ火で役員・子供達10人がまわりを囲み点火。s-05点火着火当初は火がなかなか燃え上がらずにいましたが、途中から一気に大きな炎に。s-07燃え上がる

s-09燃え上がる2

s-10火の粉大きく燃え上がり火の粉が天まで届く勢いで舞い上がりました。s-07観衆家族、子どもそれぞれの思いで見上げていました。振る舞われた美味しい焼きたてのお餅で作ったぜんざいを頂きながら。

今年も良いことがありますように!s-12燃やし尽くす皆が帰った後、役員で綺麗に燃え尽くすように火の管理。s-50焼け跡片付けお陰様で今朝にはすっかりすべて灰になっていました、まだ多少の火は残っていて地面が暖かでしたが灰を整理して終了。

少しばかりお手伝いできたかな?一役員として。

皆様、ありがとうございました。

 


2019.01.13
集落の左義長でーす

道島・上野集落の左義長でーす。今日13日午後5時半からお宮さんで火をおこし、その火を運んで6時に点火。

午前中、集落全員で組み立て作業。雪が融けてしまったので全員泥まみれでの作業。s-20190113左義長2

孟宗竹45本も切ったとのことで半端でない竹の量です。それでもしっかりとした左義長ができあがりました。s-20190113左義長3

道路脇にもかがり火の準備も済み準備万端。

午後から新年初寄合、今帰ってきました。これから点火の準備。

ぜんざい等も振る舞われますのでご興味のある方は是非おいで下さい。

富山市婦中町道島地内です。山田線の県道を走っていればすぐ目につきます。

音川小学校の左義長は教育委員会から公域の土地内での左義長は駄目!と言う指示が出たらしく今年は中止になったそうです。日本古来から伝わる行事を中座するのはどうなのかな?

と言うことは別にして、大きな左義長ですし、集落の方々や子供たちと仲良くなりませんかぜんざいも等も振る舞われます。


2019.01.06
水道水は冷たい!

朝、顔を洗う水が冷たい!

まだ休みなので時間がある。ちょっと計測。0106水道5.5℃ 冷たいはずです。

それでは井戸水はとキッチンへ行って洗面ボール一杯分を捨てて計測。0106井戸キッチン9℃、まだ出し足りないのかな?もっとあっても良いはずなのに・・・

と、井戸ポンプの近くで出してみると0106井戸ポンプ12.5℃ これだけあると相当暖かく感じる。融雪に使えるわけです。

以前は井戸水でも冷たいと洗い物は湯を使っていた女房殿、最近は何を思ったのか井戸水オンリーです。(お湯は手が荒れるらしい?)

私まで湯が使えなくなる・・・・

 

 


2019.01.04
仕事始

一般的には今日が仕事始のようだ。

我が社は七日(月曜)からです、久しぶりにのんびりと休みを謳歌?

おふくろの部屋の障子の張り替えが仕事始です、新年から始めるのも良いかな。

何でもやってみることが好きでつい手を出してしまいます。20190104障子貼り替え寒いのは苦手なので、座敷のテーブルに合板を敷いて贅沢な作業場です。

雪見障子2枚、欄間の煙抜き障子2枚、座敷の中連障子2枚。

障子紙を貼るよりもめくることが仕事のようです。

途中で障子紙の不足を知り、慌ててコメリまで。

今日はお天気が良かったので、道中の立山連峰が最高! 20190104立山連峰

 富山に生まれて良かった、と思う時間です。

20190104立山拡大帰ってきたら、おふくろがカーテンがないと言って大騒ぎ。カーテンじゃないんだけど・・・

寒くて寝れないんだそうな、乾いたのですぐ建て込んで一件落着。

楽しい時間でした 


2018.12.30
お正月間近、雪・餅つき

昨日は会社の忘年会で二日酔い?

午前中はもうろう。

今日は恒例の我が家の餅つき。

雪景色が綺麗です。いつもの窓からの景色、すっぽりと雪に埋まりました。s-12300708雪景色孫達6人、娘の友人の子ども二人、安曇野からの友人も含め大人は総勢7名。交代で餅つき、楽勝でした。s-餅つき

s-餅つき2小一の孫も負けじと挑戦、中々力持ちです。

つき終わってからはみんなで頂きまーす。s-美味しい1

s-美味しい2

後はみんなで雪遊び、田圃は足跡で一杯になりました。

 

 


2018.11.30
冬支度

今日は若手のスタッフ山村君と宿泊体験モデルハウス木楽の雪囲い作業。

暖かい日で助かりました、かかる前に薪ストーブ用の薪を地下から玄関に運びこみ身体はすっかり温まりました。いつでも薪ストーブ体験も出来ます。1130雪囲い山村君の段取りの良さであっという間に完成。これで、いつ雪が降っても大丈夫!

裏で植菌してる原木に大きな椎茸を発見。しばらく来ないうちに大椎茸に

持ち帰ってスタッフに分けよう

1130椎茸とっても肉厚です


2018.11.27
工務店の女性活躍の会

JBN(全国工務店協会)の声がけで富山県優良住宅協会でタイトルの工務店女性活躍の会パート1を開催。本部から講師2名来て頂き富山市体育文化センターにて始まり。

とても良いお天気に恵まれて立山連峰を彼方に見てのとやまの暮らしそのもの。

男性脳と女性脳の違い、女性ならではの感性などなど。男には無い力を活かして主婦の言葉に耳を傾けて会社に貢献し、なおかつ自分自身にも誇りを持てるようになり社会貢献しましょう。と言うストーリーで始まりました。男性は私と事務局だけ、少し小さくなりながら?傾聴。

楽しい時間でした。s-女性活躍1

s-女性活躍3s-女性活躍2公園内の紅葉のバックに立山連峰、どちらも最高でした。


2018.11.10
大工塾視察研修

11月8日 富山県優良住宅協会主催大工塾課外研修。

ひみ里山杉の森林研修、ひみ里山杉活用協議会の岸田さんと西部森林組合氷見支部の方々にお世話になり、森の役割と杉の伐採を見せて頂きました。皆初めての体験で感動しまくりでした。伐った木は製材所で加工、と言うことで岸田木材さんの製材工場へ。KIMG0878自動皮むき機、自動強度計測器、自動水分測定器などハイレベルな施設を見学させて頂きました。

午後からは木材研究所にて富山県産杉の木のボカ杉・立山杉の性質性能などを聞かせて頂き、日頃使っている木材の特徴を改めて勉強。KIMG0879この後、タカノプレカット工場へ廻り国産材の仕入れと加工現場を見学させて頂きました。

日頃現場にしか出ない大工さん方、余り目にすることの無い研修、講習にすっかり興奮していました。


2018.10.05
昭和の建物

今日、砺波の散居村の住宅内部を見せて頂きました。

持ち主の方は県外在住で今まで地元の彫刻家の方にお貸しされていましたが、転居されると言うことで建物、及び敷地を今後どのようにした良いのかというご相談を受けています。

昭和43年建設と伺っています。さすがに年代物、座敷広間が中心の建て方。

久しぶりに支輪天井を拝見させて頂きました。枠の内とは異なる大工技術の結集です。アールを描く竿縁の格子天井と言った方がまだ解りやすいかな?s-09座敷

35年ほど前に一度だけ施工させて頂きました。繊細な仕上がりです。一般の方が目にすることが出来るのは文化財になっている昔の豪邸又は神社仏閣、歴代のお殿様の屋敷ではなかろうかと思います。それぞれ大工さんによってカーブの形が異なります。s-10座敷支輪天井

綺麗です。今は漆塗りの和室も無くなってきています。

壊すには惜しい建物です。さてさてどうしたら良いものか?????


2018.10.04
構造の勉強会

3日、久々に東京へ。1003セミナー1新木場の木材会館。多少木の色に変化があるような気がします。1003セミナー2慌てず急がず、階段を6階までテクテクと。1003セミナー4木造の構造の再勉強。手ぶらでは帰らずとなりのモクモク館で木を購入。KIMG08214枚の内の一枚、一位の木で早速スタッフが来月仕上がるお宅の表札依頼を受けて製作を始めました。


2018.09.15
県産木材の展示東屋2

展示用の東屋ホボホボ仕上がり?

0914東屋2それぞれの花弁の仕上げを替えてどのような使い方、仕様を見せています。0914東屋1 外羽目板の押さえ桟仕上げ 綺麗です。0914東屋3 従来の下見板横貼り0914東屋5今回の新商品は 杉の圧縮木材のフローリング、杉材は足当たりの柔らかさが特徴ですが傷の付きにくい床材を望む声も有り圧縮杉材を国産合板に貼り付けた品物、厚み15ミリです。杉無垢フローロングの厚さ30ミリも同時に触れるように半々で貼りあげてあります。

漆喰が仕上がれば完成です。


2018.09.14
お宮参り

今日は我が上野集落秋の例大祭。

早朝2軒でお掃除と飾り付け。20180914お宮1木の葉もなくスムーズに進みました。

11時半より宮司さん。20180914お宮2二軒だけなので寄り身近です。

午後からお客様訪問

玄関先のヤマボウシに赤い実が付いていました。20180914ヤマボウシ2

20180914ヤマボウシ1秋を感じる木ですね。


2018.09.07
北海道地震

朝から地震のニュース。

北海道が大変らしい。

6,7日と折しも耐震改修・補強の講習会で金沢へ。講習1 0907講習北海道の親戚2軒に電話するも停電で全く連絡が通じない。

大きな土砂崩れに 唖然

せめて地震から逃れるだけの強度の住宅を建てなければ・・・

 


2018.09.05
台風一過

大阪で大きな爪痕を残した台風21号。去った後は晴れ上がりました。0905台風一過3休みだったので早朝散策。強風のお陰で自然の恵み。台風一過1クロビ(一般的にはクルミとも言う)を沢山拾わせて頂きました。

丹波栗は同級生のお母さんから頂きました。(今年初もの)0905台風一過2テレビ報道を見るに付け、自然に叶うはずもありません。改めて自然の猛威に怖さを覚えました。

 


2018.09.02
婦中町商工会ソフトボール

富山南商工会 婦中支部のソフトボール大会。

音川商和会の代表として開会式に参加、初めてなので解らない事ばかり。

ソフト1

ファーボール無し、盗塁無し、山形ボール投球と言うルール。0902商工会2バックネット裏でけっこう楽しませて頂きました。

我がチームは、惜しくも一回戦で敗退。若人が沢山いるにびっくり?

 


2018.09.01
木楽のデッキ取り付け完了

木楽のデッキ取り付けが済んだので確認。

0901木楽1今回は档材(ヒバ)を使いました。桧と同じで水に強い木です。昭和の時代はよく使っていたのですが、桧が流通に出回るようになってしばらく使っていませんでしたが能登半島で生産されているので少しでも近くの産地のものと思い利用。

木肌が綺麗です。

廻りはもう実りの秋。0901木楽栗

 夏椿も種が。木肌模様がオリジナル。

0901木楽夏椿

0901木楽笠木木の表を使うとこのように反り返り水が溜まります。

屋外の使用に限っては床も含めて水平に使う場合は木裏を使い、水溜まりを少なくなるように工夫しています。

屋外デッキ部分は、自然素材の塗料で塗り直します。

 


2018.08.30
大工塾スタート

富山県優良住宅協会主催の大工塾、昨年に引き続きで2年目スタート。

塾長としては大工の技術力アップとコミュニケーション力アップを軸にしました。

私のオリエンテーションの後石田副会長が大工としてのエピソードと期待を話され、0830大工塾1

 続いて加藤副会長、材木屋のエピソードと期待のお話。

0830大工塾2

 後半は元アナウンサーの大友氏によるコミュニケーションアップのワークショップ。

楽しいコミュニケーションの学びをし、

昨年出来なかった全員でのノミニュケーション。若い方々と楽しい時間を過ごさせて頂きました。


2018.08.29
解体材で薪作り

我がゲストハウス『木楽』のデッキ材が永年の風化で劣化したため取替工事。

そこで出た解体材を我が家の薪風呂に再利用。0829木楽材1

雨水による腐朽で手摺り柱下部分は腐朽。雨ざらしでも17年持ちました

桧材なので、まだまだしっかりしています。取り外した材をお風呂の焚き口用に長さ切断。0829木楽材2薪ストーブで使うならこれで良かったのですが地獄風呂用なのでさらに細く割りました。0829木楽材3以前に切った松の木の割り材と枝葉をまとめて少し乾かすために積みました。0829薪積み不安定な積み方になり、強風で倒れそう。

本日の作業終了、お疲れ様でした。


2018.08.26
集落の協働作業ー2

今朝も集落の協働作業、農作業道の整備。

朝、6時前から草刈り機の音がうなります。うっかり忘れていました。

飛び起きて飛んでいきました、前回燃料を満タンにしていたのセーフ 

我が上野地区は3軒で維持、誰が欠けても大変です。

イノシシがあちこちかけずり回って崩れているところがあります。

今日は鍬も持っていき、以前の大雨で崩れているところを人が通りやすいように削って補修。今はほとんど人が通らなくなった農道です。0826道造り休み無しで3時間ほどで終了。シャワーを浴びて朝食をとり、仕事に復帰です。

 

 


2018.08.25
集落の協働作業ー1

道島上野営農組合の協働作業、協同防除の割当日。

朝5時から3班に分かれて一斉にスタート。噴霧ノズルを持つベテランがいなく私に廻ってきました、今日は晩稲のてんこもりの消毒なのでコシヒカリの半分。お陰で9時頃には終わり ほっ 0825田んぼ大分、稲穂が出てきました。

集落はみんなで協力維持しているから現存するもの、人が減っていくとどうなるのだろう?

せめて、原風景だけは残したいものです、人を増やそう!

作業中にクルミの実が落ちているのに気づき、帰りしなに自転車で廻って回収!0825クルミ

沢山の収穫です。 

その後、打合せも有り会社へ直行。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ