頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 薪小屋新設

らいじょう日記

2013.07.21薪小屋新設

音川の家パート1のお宅に薪小屋を建てさせて頂きました。

今まで上手にに車庫の中から、家の後ろに積んでらしたのですが3年ほど寝かした薪を使うには置き場不足と言うことで思いきられました。

薪ストーブは使うほどに使い方がわかります(何事もそうですが)。今年の春から作った薪は今年のストーブで燃すには水分が多すぎてうまく火が付かなかったり煙やススが多く出ます、また水分が多いとストーブの寿命を縮めると同時に灰の量も多くなります。

一年よりも2年、2年よりも3年。3年風に合わせた薪は煙も少なく、また火も付きやすく灰の量も少なく全て良しなのです。最近近所のグループで薪の調達がうまく廻っています。ストーブを燃していることがわかった近隣の方々が屋敷や森林の手入れで出た木を持ってかないかと声がかかるようになったのです。近隣3軒のグループに安川のお宅も加わって4件で薪の原木回収をなさっているようです。

ストーブ愛好家にとっては薪作りも楽しみの一つ。うまくネットワークが出来れば思っています。この薪小屋(間口7.3㍍)と車庫の後ろ(間口5.4㍍)と2ヶ所造らせて頂きました。自然オイルの塗装を塗って屋根を葺けば完成です。

今日は午後からFMとやまの取材で滑川のお宅を訪問します。蔵を改造されて住んでいらっしゃるお宅です。お楽しみに。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ