頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 樹齢183年

らいじょう日記

2012.12.14樹齢183年

先日砺波のカイニョの伐採を載せましたが、今日伐らせてもらった木は樹齢183年でした。私自身100年以上の年輪を数えるのは初めてです。

木自体が大きく傾斜していたのいずれ重さで倒れると周囲の建物に影響が出るので今回伐らせて頂きました。

直径は105センチでしたが年輪は183ありました。

江戸時代、明治、大正、昭和、平成の時代を生きたことになります。つくづく歴史を感じます。年輪の幅からその年々の気候が想像できます。すくすく成長できた年、干ばつあるいは冷夏で殆ど成長できない年、人間と一緒で木も苦労して成長しているようです。

皆がヒバだろうという木も伐らせて頂きました。こちらは樹齢121年これでも1世紀以上の歴史を見てきています。

葉を見てこの木の名前がわかる人は ソッ-と教えて下さい。

野村木材さんに納めましたが大切に使いたいと思います。

話は変わりますが、お客様でお通夜に行っている間に空き巣に入られた方がありました、年の瀬くれぐれも戸締まりには十二分に気をつけて下さい。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ