頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 玄米食の進め

らいじょう日記

2012.11.20玄米食の進め

お米は精米度(お米の表皮を剥く程度)が高いほど美味しいと言われますがその分栄養素が無くなります。柿などもそうですが皮境に一番養分があります。

うちの奥方や孫が玄米を進めるのですが如何せん炊き方が難しいのと白米との柔らかさが合わせにくい難点があり、最近は古代米の赤米を混ぜています。

たまたま農家の友人宅で目についたのが、玄人米という玄米パック。

浸け置きがいらず軽くすすぐだけで炊ける。玄米特有のボソボソ感がない等製法特許を取った商品です。サプリメントばかりに頼らず食事を楽しみながら栄養を取ることが原点ですよね。

私も食すのはこれからですが、感心があればパンフレットを添付しておきます。

富山市八尾町の農事組合法人 ふかだんで扱っています。20121120玄人米

もちろんお米は八尾さんのコシヒカリです。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ