頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < とやまの木研修会

らいじょう日記

2012.08.28とやまの木研修会

とやまの木で家をつくる会の会員向け研修で小矢部市の(株)アキの社長宅兼モデルハウスの見学に行ってき

ました。延べ120坪もあるとか。大きな豪邸でした。敷地の段差を利用してインナーガレージ付きの設計となっています。外観も木のイメージを活かしながらのすっきとしてデザインです。

ベランダの壁は余り強調せず黒の羽目板で仕上げ、天井もラチスの格子を黒で仕上げ裏は仕上げ無しで色でうまく処理してありました。 

 一部3階建てとなっていてすっきりとした階段でまとめてあります。

 手摺を兼ねた縦格子をうまくデザインしてあります。

メインは元の家の広間の骨組みをそのまま家の中に取り入れたことでしょうか、漆塗りの骨組みがそっくりそのままで生きていました。飾りとして取り扱って構造的負担は一切持たせてないと言うことでした。

私は細かいことに関心を示し、トイレの引き戸の明かり窓が気に入りました。

中で電気が付くとこんな感じになり感心。

他にもたくさん気に入ったところがあったのですがありすぎて列挙できません。

同伴のスタッフも階ごとに異なる雰囲気でまとまっていたと行っていました。玄関の天井に使ってあった杉の柾目取りの板材も目をひきました、材木屋さんのこだわりかな?

良い勉強をさせて頂きました。ありがとうございます。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ