頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 今日は勉強会

らいじょう日記

2012.06.19今日は勉強会

協力業者さんとの勉強会です。

夜仕事を終えてから集まっていただき、6時半から始めました。

今日は頼成工務店の木へのこだわり、県産材の無垢の木の特質、特に県産杉のお話をさせていただきました。

県土の67%が森林の富山、木はたくさんありますが特に人工林の杉材について。

県内には杉だけでも30近くの品種があると聞いています。その中でも特に多い立山杉とボカ杉について年輪と強度、辺材心材の強度、木の成長度合い(高さと強度の関係)と強度の関係、乾燥材のメリット等を話させていただきました。

少し専門的な部分もありますが、お客様に安心して使っていただくには必要な知識と考えています。

午後から林政課の方と県産材とオープンハウス、県の県産材住宅モデル事業についてあれこれと話していて今晩の資料作成の時間を短縮。勉強会が終わったあとで、一つ何か足らなかったことに気付く。

丸太断面での木取りの仕方による木の収縮の仕方とボカ杉の強度は国産杉の標準強度と変わらず立山杉が優れているという大切なことを忘れてしまう、 次回追加しよう。

お昼のテレビで大型の台風4号が接近しているので早く帰宅しましょうと言っていた。富山は今のところまだ影響は出ていないが長野を通過するようなので全くの無防備となる。他県のことはわからないが富山の場合、長野県を通過する台風には全く免疫が無く木の根の張り方や近年までの住宅の風対応のあり方が違ってくる。

ただただ、強風がないことを願うばかりである。春の暴風の被害もまだ修復が済んでいないところに追い打ちされてはたまらない。

今までのように、立山連峰が大きな壁になってくれればと立山信仰を強くする。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ