頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < モデルプラン第一案

らいじょう日記

2012.05.11モデルプラン第一案

待望の長沢分譲住宅プランの試案が出来て来ました。

青山建築建築計画事務所とのコラボで考えています。

玄関からのアプローチ、リビングに入ってからの、間の取り方と見せ方、上手く私の心を揺さぶるレイアウトです。

上手くまとまっているとなあ、と思ったのですが上質に見せる工夫があると言うべきかな。

2階のホールの空間が生かせればと思う点、1階トイレの扉の開きドア。この2点が気になるところかな。うちの設計士と違うところは決められた面積で納めない提案が出てくるところかな。コストに対する責任の持ち方の違いかもしれませんね。

ただ、我々の仕事のおもしろさとか醍醐味は、出来ないことを出来ないというのではなく出来ないと思ったことをいかに可能にするかという可能思考の考え方を持って取り組むかである。

弊社はお客様の設計に時間をかけるのは、お客様の言いなりの図面を引けば簡単で喜んでもらえるものはすぐに出来ると思っていますが、いかんせん長いお付き合いをいただくときにもっと先を見た提案をしたいと考えると現時点で間に合う住まいが20年先でも間に合うかと考える時、もう少し先の暮らしも考えましょうとついつい言ってしまう。

言われるとおりに造って、暮らしが変わった時点でリフォームすればその時点で工事が発生して仕事が増えるのに・・・

商売が下手ですね。

午後からは富山県宅建協会富山支部の総会がありました。

婦負支部の副支部長から始まって、支部長、富山支部と統合してからの副支部長、改選後の副支部長とお陰様で丸8年微力ながら執行部で働かせていただきました。会社のスタッフにもその間負担をかけたと思いますがお陰様で色々と畑の異なるところで学びもたくさんあり喜んでいます。改めて、関わっていただいた方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ