頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 重い雪

らいじょう日記

2012.02.14重い雪

朝、資材置き場の除雪。気温が緩んでいたので濡れた重い雪でした。

午後、山田の現場での打合せを済ませて『木楽』の雪の状態が心配で回り道。途中で葉が落ちた林から牛岳の別荘が見えました。

望遠だったので少しかすんだかな? 屋根の雪の状態が気になります。

木楽も同じ状態になっていました。

煙突の雪割にしっかりと雪がへばりついています。気温が低い状態で降った雪が屋根面が少し溶けて凍った状態で降り重なり上部の湿った重い雪で全体がかたまっています。そして下面は完全に凝っているので全体が一体になって締まっているのでなかなか剪断しません。

車庫の屋根ですが、屋根雪が落ちて重なって支えてしまっています。スコップで突いてみましたが完全に氷になっていてびくともしません。煙突部分の雪もこれと似た状態になっているようです。ともかく重い雪です。

富山の雪は重いと言われる部分です。ですから軒先をしっかり丈夫に造っていないとおれてしまいます。今年はこれから目にするようになると思います。

木に降った雪でさえこんな状態でかたまって落ちないのです。今年は杉の木の折れが多く出るような予感がします。

先ほどの別荘の屋根を横から見ることが出来ました。

煙突一本のおかげでこれだけの雪が残って煙突部分に負担をかけています。雪のない地域の家とはこんな所でも構造の違いが出てきます。この別荘も煙突部分には雪がたまらないように雪割の棟はつけてあります、がこんな状態です。今年の雪は特に怖いですね。

これ以上積もらないことを願うばかりです。雪はコワイ、コワイ!  bearing


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ