頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < ちょっと京都まで-2

らいじょう日記

2011.12.29ちょっと京都まで-2

朝、6時半から散策。円山公園隣の太谷廟の参道に引き寄せられて廟まで歩いてしまいました。

黒と金の配色が日光東照宮によくにた色合いでした。

 

 

 

その後ねねの道を通り、高台寺、二年坂、産寧坂へと進み清水寺まであっという間でした。

清水寺は朝7時過ぎからでもしっかりと入館料を取られました。それだけ人の動きがあるのかな?

改修工事が始まったようで建物の上屋(建物を仮設の建物で覆う)工事の最中でした。感心したのは木材のトラスを組んでいたことでした。

朝の散歩はこれで終わり、ホテルに帰って朝食。

これからぶらり旅。前回寄れなかった知恩院、圧倒される山門です。

正月を前にして、改修工事盛りです。ここも本堂はお預けでした。が、娘にと数珠を購入。

お香を求めてまた二年坂へ。『堀川』を買い求めます。1月1日から値段が倍になると聞いて一箱余分に購入。別のお店で『加茂のせせらぎ』も購入。

一息入れに、イノダのコーヒー店に立ち寄る。女房の機嫌取りに『アラビアの真珠』というコーヒーを購入。今日最後の目的地、涉成園へと鴨川縁を歩きながら向かう。途中で寿命長延の柘榴を発見!

芯の無くなった柘榴(ざくろ)の木にしっかりと実がなっています。生命とは不思議ですね。

ようやく涉成園にたどり着きました。

長い土塀ですぐにわかりました。瓦を上手く利用して耐候性と見栄えを保っています。

冬の庭園もおつなものです、欲を言えば雪があればよかったかな。

よく歩きました、23,846歩 。

家に帰ると雪が迎えてくれました。何かほっとする瞬間かな? 


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ