頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 富山MOKスクール

らいじょう日記

2011.12.10富山MOKスクール

第3回目のスクール、今日は野池政宏氏の省エネルギー住宅の設計法。

住宅の冬期間の熱損失計算法→どれだけ暖房すれば快適になるか

夏の日射量による熱負荷の計算でどれだけ涼しい空間を作るか等々

物理学者の目で見た数値計算によるシュミレーションのさわりを教えて頂きました。

これは使えます。  shine  happy01

又、省エネルギー住宅にもっとも必要なのはレベルの高いパッシブデザインだという話。

太陽と風をうまく利用する工夫を設計で行かした方が、太陽光発電を採用するよりも省エネルギーになるという数値データを拝見、もっともです。太陽光発電に2百数十万円かけるよりも建物にパッシブ設計で百万足らずの予算をかけた方が30年先を見据えるとお得ですよと言う講習でした。

パッシブデザインとは、大がかりな自然エネルギー(太陽、風、地熱)を利用する設備を使う前に、住宅そのものに、昼光・自然風・日射遮蔽・断熱・日射熱利用するデザインを設計すれば、建物が存在する限り省エネルギーで快適な住まいが存在するという、ごく当たり前のことをもっと声を大にしていこうと言う講義でした。

弊社の目指す方向と同一です。もう少し勉強しよう!

午前中、お客様にカレンダーを持って廻っていて昨日の雪がまたまた、きれいな立山連峰を見せてくれました。

雲に隠れた剱岳も良いです。

今日は特に、毛勝三山が青空に生えていました。

富山の景色です。happy01


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ