頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 木構スクール第2回

らいじょう日記

2011.11.12木構スクール第2回

東京芸大卒の建築家松井郁夫氏と家具作家?丸谷芳正氏のダブル講演でした。

松井氏は始めてお会いしました。

伝統工法と伝統技術を再発見、現場で実行している方かなと見受けました。日本の有名な建築家とはよくお付き合いがあるようで、いろいろな流れがある中で自己流の流れをお持ちのようです。

つい、書籍を買ってしまいました。まずは『日本列島・伝統工法の旅」を読みます。

もう一冊「『木組みの家』に住みたい! も買ってしまいました。

丸谷先生は針葉樹を生かす家具設計法というお話。

針葉樹とは真っ直ぐ上に伸びる木、杉・檜・あて・唐松などですがとやまでは杉が主流です。杉を生かした方法を4つの方向性から検討、まとめて針葉樹と広葉樹を上手く組み合わせて両者の特質を生かすと言うことで終着。

両氏とも木や技術と向き合って得た答えのようです。

明日はとやまの木を生かした住まいのバス見学会です。

5組の申込みがあります。地域の材への関心があることにほっとしています。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ