頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < ストーブ火入れ式

らいじょう日記

2011.10.18ストーブ火入れ式

朝夕めっきり涼しくなってきました。

今日牛嶽の家で薪ストーブの火入れ式をさせて頂きました。

初めての運転なので、ゆっくりゆっくりとストーブの本体を暖めていきました。

薪をたくさん入れ、須原社長からいろいろと仕組みを聞かせて頂き、お祓いが始まりました。参加者全員でお祓いさせて頂きました。たまたま弊社の木楽に宿泊のナチュラリスト木村太郎氏と娘も特別参加でした。

(はじめての事なので、しっかりと見入っていました。写真は割愛させて頂きました)

御神酒、お米、お塩でお清めさせて頂き、いざ、着火です。

炎はゆっくりと燃え広がっていきます。

一時間以上もかけて暖機運転に入っていきます。最初が肝心で火のもやし方、薪の水分でストーブその他の寿命が左右されます。いたって慎重です。

 

窓からは色づき始めた紅葉がひっそりと見守っていました。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ