頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 木材の乾燥

らいじょう日記

2011.09.07木材の乾燥

九州大学大学院 農学研究院 准教授 藤本登留氏の講演を聴きに行ってきました。

業界で言われている大分方式のお話を聞かせて頂きました。

高温蒸気乾燥の乾燥方式ですが、教授曰く最初の高温処理(ドライイングセット)をすれば後は木の香りや色つやの残る乾燥が良いのではと言うことでした。但しコストパフォーマンスも考慮しなければいけないので教授のお勧めの自然乾燥はとやまでは厳しいのかなとも思います。又含水率(木材の水分量)20%以下にするには気候条件が厳しく思います。

特別新しい情報もなかったのですが、大分方式で結構厳しい制約を作っているのと大分県がしっかりサポートしていることが目につきました。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ