頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 屋根瓦の葺き替え

らいじょう日記

2011.07.22屋根瓦の葺き替え

今日は久しぶりに涼しい朝のようです。車外の温度は23度となっています。

梅雨が上がってから、高岡で屋根瓦の葺きえ工事にかかっています。

下地のベニヤは接着剤の効力が無くなって板が剥がれています。

こうなると瓦を支えることが出来ずにベニヤに接した部分の瓦は荷重がかかると下がってしまい瓦と瓦に隙間が生じてしまいます。

棟のノシ瓦をめくってみると、所々に穴が見えます。最上部の平瓦も一線に並んでいません。風雨で土が流されたのと雪の重みで瓦が下がったものと考えられます。最上部の瓦は大事な針金を通す部分が瓦割りの関係で切断されていますので針金で固定できません。

このように最上部は載っているだけです。切断面も現在のようにダイヤモンドカッターがあったわけではなく、先のとがったハンマーでたたいて削って切りそろえていたのでがたがたになっています、しかしこれが昔の職人の技と言われる部分なのだと思います、たまたまここのお宅の瓦がうまく削ってなかったものと思います。今は釘打ちの瓦が主流ですので錐で穴を開けて釘で固定することが出来ます。

めくった後、厚手の耐水合板を貼り、ゴムアスファルトルーフィーングを貼り下地は完成です。

この機会でないとなかなか出来ない雨樋の受け金具も取り替えました。

一度に全部出来ないので順序よく進めていきます。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ