頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 無垢材

らいじょう日記

2011.06.07無垢材

床材のリニューアル

木楽は杉材を床に使っています。柔らかくてさらっーとしているときと柔らかくて温かいときと季節によって感じ方が違います。それが無垢の杉材の特質です。

キズは人生であり、過去を記録しています。それが味となって年月と共に風合いに変化します。

木楽の床は9年の歴史を一度覆い、10年目から新たな床として変身します。

表面の薄いキズを磨くことにより消し去り、深い想い出だけを残す程度にサンダーで磨きました。無垢故の長所です。

磨く前と後ではこんなに違います。

これで、表面を軽く磨いただけです。本格的に磨くと9年前に戻ってしまうのでしません。

これに今度はリボスの自然塗装をかけるつもりです。

どのようになるのか楽しみです。

この看板も好きなところです。木の味わいそのものです。

今度の11日・12日リニューアルオープンです。

みんなで見に来てください。


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ