頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2016.05.31
もうヤマユリが満開?

先日、伐採の木を提供いただいたお宅によると裏の土手にはササユリが満開。早いなー。DSC_0633自然は素直に気候に左右されてきっちり流れています、こちらは人の作った出来事に振り回されているのかな?

もっとゆったりしていても良いのですが、でも、時間は止まりませんよね!?

5日に行う地鎮祭の栃の草が気になって除草作業、向かうとお施主様が軽く草刈りされた跡が。

せっかくだったので追い打ちをかけて草刈りをしてきました。

 


2016.05.29
伐採体験

お施主様宅で使う木を提供頂き、建て主様に切り倒して頂きました。s-伐採1下段取りだけさせていただき、お施主様にくさびを打ち込んで倒していただきました。

軸を残しすぎたせいか相当打ち込んでようやく倒れました、伐ったという感慨がお施主様には沸いたようです。二本目はそれをお手本に倒しやすくしたので、今度はたわいなく倒れました。

が、私の方向性がずれていたようで狙いの所よりわずかにずれて倒れてしました。

切り出しに手間がかかるようになってしまい 

足下には沢山のヨシナが出ていたのでみんなで採取、お施主様は初めて見たとのこと。

伐採の体験は家と共にお施主様の心にズーッと残ることでしょう。

初めてのヨシナの味と共に。


2016.05.21
南砺市 袴腰山

シャクナゲを探して南砺市の袴腰山へ、とんでもない山道を迷子になりながらなんとか到着。

道中山菜採り?の車がポツポツ、峰越登山口には山菜採りの車がいっぱい。反対側の道路はアスファルト舗装されていました。s-0944袴腰見えた開けたところに出ると袴腰山?が見えました。日差しがきついです。s-1130イワカガミ群生イワカガミがあちこちに群生しています。s-1046シャクナゲ展望櫓周辺から目当てのシャクナゲが咲いていました、春先からの以上気温でもう遅いかなと思っていたのですが私たちを待っていてくれました。 また、気を利かして副産物も付いてきました。s-1352ススタケ採り終了熱い日差しを避けて木漏れ日の竹藪でお昼。s-1516展望櫓着

帰路、ようやく展望櫓が見えて ホッ。s-1549あと少し避難小屋を目にして、ようやく安堵感。思いの外アップダウンが有り勾配が強かった感じ。

気温が高かったこともあり、またススタケ採りに夢中になったことも有り三方山までは行かずに折り返し、4時間コースが6時間に。

帰りは菅沼合掌集落側へ周り、くろば温泉に立ち寄りすっきり。

明日はリベンジの鍬崎山へ。


2016.05.19
伐採木の下見

この29日(日)伐らせて頂く杉の木を決めてきました。

何に使う木かの選定と倒し方により決めさせて頂きました。同じ時期に植えた樹でも日当たりや傾斜等によって育ち方が異なります。現地にいらして確認して下さい。s-01山今回は大黒柱1本と現しの梁材1本伐らせて頂きます。胸高さで直径43センチ程度の樹です。s-02樹1

s-03樹2

s-04幹

 

山主のお話ではおじいちゃんの植えた木で70年くらいの樹だそうです。

私よりも長く生きた樹です。製材品となって家に使われるのを楽しみにしていると思います。是非伐採に立ち会って下さい。

資料→とやまの木伐採見学会


2016.05.16
ふれあいセミナー

5月15日 集落田植えの最終片付けを横目でそおぉーと通り抜けてこちらへ。

絶好の夏日! 夏野菜の菜園セミナー。蓮花寺の資材庫で行わせていただきました。

講師は弊社の野菜博士五十嵐君。s-解説日頃とは打って変わって、今日は別人のように言葉が走ります。yasuda2皆、分散して用意ドン!s-植え付けあっという間に出来上がり。

今日は特別に薪炊きのご飯でカレーライスとかで私の役割がご飯炊き。釜薪焚き火の様子を見ながら、定説の最初チョロチョロ、中パッパ・・・上手くいくかな?s-みんなでお手伝い炊きあがるまでに、みんなでお手伝い。仲良く盛り合わせをしてくれました。

さてご飯は?s-炊けた!
上手く炊けたようです、ふっくらと盛り上がっています。しっかりお焦げも出来ていました。

いただきまーす。-1お客さん家族に混じって、頂きまーす。

美味しい!、もうちょっと辛みがほしいな!DSCF9710

皆さん、お疲れ様でした。もっと自然に・もっと土にふれて下さいね。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ