頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2015.10.30
ストーブ用薪材を提供いただきました

桜が池の自然を守るお施主様より伐採木の利用しない?(杉だけど薪に使わないかな?)と連絡。

砺波のお施主様が使いたいと希望。今日引き取りに行ってきました、砺波のお施主様と共に。

先方も今日は休んでお手伝いいただきました。

杉2本、桜1本計3本いただいてきました。1446208652119

生の木は水分200%以上あるので見た目よりも重い。分断してなんとか引き上げました。

丁度車1台分伐採してありました。毎年来ない?とのこと。

お施主さん同士の連携がまた一つできあがりました。

ユニックの運転にかこつけて現場の端材も一籠お届けしました。

明日は別のお宅に二籠運びます。

いよいよ薪ストーブのシーズン到来です。


2015.10.29
360号線は紅葉真っ盛り

昨日は岐阜県の籾糠山へ。車2台でのんびりと紅葉を楽しみながら国道360号線を走ります。

ほとんど41号線ばかり走っていたので隠れ秘境?でした。生憎車を止めなかったので写真はありませんが・・・・s-001天生峠

到着の頃には晴れる予定でしたが・・・・先に一台のみ。維持管理料一人500円納めて歩き始めました。もうこのあたりは葉が落ちています。s-0947イワナ道中の小川?(水溜まりみたいでしたが)に水跳ねを見て散策、イワナを発見。これは子供ですが。s-1018ブナ林を

広大なブナ林を登り有り下り有りを楽しみながら登山。ガスがかかって幻想的でした。s-1202もつ

2時間半ほどで頂上に到着、即担ぎ上げたサガリの肉でBBQ、途中で見つけたキノコも混ぜて逸品の料理。s-1229頂上記念

多少の雨も何のそので、元気に下山。s-1407天生湿原

帰りはゆっくりと天生湿原も楽しみながら、会話も弾みます。s-1430唐松の落ち葉

登山口近くの唐松の落ち葉の絨毯を踏みしめて今日の山登りを満喫。

帰りは旧河合村の温泉で汗を流して11月3日の天蓋山へ行こうネ、という話で締めくくり。

今日も申込みが有り満員御礼の15名になりました。

 


2015.10.27
日の出が遅くなりました

地鎮祭の竹を切りに出かけましたが、まだ暗がり。s-日の出前

 5時50分頃ようやく空が明るみ始め、剱岳が目に飛び込んで来ました。今日は朝8時からの地鎮祭。

s-祭壇

道中ちょうど立山の雄山から日の出をむかえました、祭壇もできあがりこれから地鎮祭。

s-地鎮祭

 協力業者さんも大勢参加いただきました。

s-着工式

 式後、恒例の着工式。お施主様と職人さんとのお見合いです。顔の見える関係で工事を進めていきます。

s-tateyamarennpou2

今日も立山連峰に見守られていました。

富山の風景、富山の暮らしに欠かせない光景です。


2015.10.26
台湾檜をご存じですか?

昨今、住宅に使う木の名前も知らない方が増えてきているように思います。と言うより木そのものの長所短所を知らずモデルハウスを廻っている方々が多いようです。木造、鉄骨造、コンクリート造、ブロック造等々、何も分からず動いているのかな?余談でした。

何処で聞きつけてきたのか、弊社で持っている台湾檜をわけないかという話が舞い込んできた。

日本に日本の檜があるように台湾にも樹齢数百年の檜がたくさんあった。たくさん切りすぎて屋久島の屋久杉と同様に今では切ることのできない貴重な木材です。と言うのも薄い黄色みに淡いピンクの色がまじった杢目が細かく香りのとても良い木で、檜の名の付くようにとても丈夫で長持ちする木です。

私が入社間もない頃、お医者さんの座敷を普請するということで台湾で買い付けてきた木を今まで持っていたわけですが時代が変わり、本格的な和室が少なくなり、木をよく理解する人々も減り今まで倉庫で眠っていました。以前は高級材でしたが今では銘木に近い存在で希少価値の超高級木材となっています。

今回福岡の材木屋さん(銘木店)が台湾檜普請の建物の受注に関わり弊社との縁ができ、お分けすることにしました。

今日、倉庫に分散していたものを集めました。s-台湾桧3

 とても目の混んだ重い木です。

台湾桧1

本当に素晴らしい木で、手放すのはもったいない木ですが価値の解る人に使ってもらえれば幸せです。s-台湾桧木肌

本当に美しい木です。

事務所へ帰る時丁度、夕暮れ時。冠雪した東の立山連峰に夕日が差し、運良くお月さんも顔を見せていました。立山、釼岳も喜んでいるのかな。s-立山夕日

反対の西には夕焼け空がとっても綺麗でした。s-夕焼け

 ハッピーです。


2015.10.25
大黒柱の搬出

お施主様の家で使うために春に伐らして頂いた杉の木の搬出を計画していて、葉枯らし乾燥で木の水分を抜いていたのですが、葉も赤く枯れてきたので雪が来る前にとお施主様と一緒に搬出の為木の廻りを整理し終えて、本作業にかかろうかという所で、足下の草に絡んで転倒。

思わぬアクシデントで、打ち所が悪く私がリタイヤ。

お施主様は残って枝を払ってすっきりさせて頂いていました。

日本伐らせて頂いたので、一本は丸太の大黒柱に、もう一本は梁丸太に取る予定です。今度の日曜日の作業になりそうです。(迷惑をかけました)

杉の木


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ