頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2014.10.31
脳の活性化!

昨日、第一銀行さんの講演会『茂木健一郎氏の脳と絆』をスタッフ全員で聴講。

脳の活性化はいかにドーパミンを出させるかと言うことにつきるらしい。

小さな子供ほどドーパミンは出るという、なぜか?

目の前で起きるすべてのことが初めての体験、だからと言う。

年を重ねるに従って定例的な日常になる、それでは脳にドーパミンは出ない!

いくつになっても未知の世界へどんどん踏み込んでいくことが脳の活性化につながるという。

脳科学者の言葉だから間違いないだろう。

昨日も立山連峰がくっきり

早速、実験。夜歩行しているコースを、2周は通常通り左回りで、後の一周を右回りで行うと、今までの景色とも全く異なり、距離感も違った。他の人と衝突しないように気も配る。これでドーパミンが出て脳が活性化するなら容易いことだ。

要はこのように、ちょっとの初体験を加えると言うことらしい。通勤の経路を替えたり、時には箸を持ち替えて食事をしたり・・・・・・・

今日は立山がうっすらと霞んで見える。

立山連峰ばかりではドーパミンは出ないかな? angry happy01 happy01

さてさて、スタッフはどのように聴いたのだろうか sign02


2014.10.27
ストーブの火入れ式2軒

午後一時から北代の家、9月6日にお引き渡しさせていただいたお宅での薪ストーブの火入れ。朝夕めっきり冷え込みますが、今日の日中は少し暑いくらいの中で両家のご両親も立ち会いで火入れ。火の神様に守護をお祈りしてから始めました(モザイクをかけさせていただきました)

ヨツールのF400にご主人から火を入れていただきました。着火の感動の瞬間。鋳物と優しく付き合うためにゆっくり、ゆっくり温度を上げていき、耐熱塗装が焼きつくまで窓を開けて換気しながら約250度を保ちます。

安定した炎はメラメラと言うよりもうっすらとオーロラのように舞うように燃えていました。

 

五時から、4月にお引き渡しをさせていただいた音川の家Ver4のお宅で火入れをさせていただきました。臭いが出ると予告してあったので、奥さまと赤ちゃんは待避。

同じくヨツールのこちらはF500、こんなに簡単に火がつくとはと感嘆のご主人。

F500は一廻り大きくなりますが火の安定性はこちらの方が良いようです。とは言っても薪の消費も多くなりますが(ストーブを活かした設計をすれば70坪以上でも対応できそうです)

ストーブを施工いただいた須原さんには7時間もお付き合い頂きありがとうございました。

ストーブと薪の特質を十二分にお話し頂きました。プラス料理が加われば薪ストーブは三冠王?

そろそろ私も薪づくりから始めるかな。 happy01 heart04


2014.10.26
晴天の中で

朝、9時半より音川の家Ver5のお引き渡し。ご家族9人おそろいでの記念の引渡式となりました。

工事協力業者さんも日曜日にもかかわらず出席いただき感謝です。

記念植樹、オリジナルキーボックスのプレゼント、テープカット、解錠の後工事施工に協力いただいたみなさんと中を見学。

その後、施工のみなさん、お施主様から一言ずつ頂きました。

私や関連の職人さんが一番エネルギーを頂ける瞬間です。

その後、取扱い説明をさせていただく間に外観をパチリ。なぜかCGのような写真になりました、青空が合います。今日はくっきり見える立山連峰を背景とする、音川のらいじょう村の3軒が浮かび上がりました。

これからもみんなで楽しく暮らしましょう、ありがとうございました。


2014.10.25
勉強会でした

午後からお世話になっているFMとやま主催の

竹田恒泰氏の『富山の人たちが一生使える勉強法』という講演に参加。

日本人が気づいていない日本人の本質、良さを学ばして頂きました。

夜は我が社の協力業者さん方との勉強会。

労働災害の実験ビデオには恐怖を感じました。

また、石川県小松市から小松製瓦の池田社長にお越し頂き瓦の歴史や特徴を学ばさせて頂きました。和風のイメージには瓦は欠かせない素材です。

製瓦を「せいが」と読むことも知りました、漢字はいろんな読み方がありますねhappy01

今日は、牛岳で『近くの森林に触れよう』のイベント。

お天気が良くて散策にはもってこいのお天気となり良かったです。

森林の恵みもあると良いですね。


2014.10.22
黒部峡谷水平歩道 下の廊下Ver1

18,19日と完成内見会ありがとうございました。

暮らしを打ち出した大きな動きが見えました。

20日からご褒美にお休み、以前から計画していた黒部峡谷下の廊下の紅葉散策に出かけました。立山駅発~宇奈月駅着のマイカーなしで家からバススタート。

20日 10:40 室堂スタート。ガスで視界不良。滑りやすい雪を避けながらの歩行、一ノ越山荘も閉鎖されてとりあえず立ちながらおにぎり食事。

初の東一ノ越へ足を進める。時々霧の晴れ間から後ろ立山?のシルエットが見え隠れ。無事に東一ノ越を通り黒部平方面に向かう。かなり歩きにくいコースに感じる。殆ど下りなので滑らないように注意しながら歩く。紅葉もすっかり終わり裸の木が林立している。黒部平付近は笹藪の中を藪漕ぎ?

黒部平駅付近はちょうど紅葉の真っ最中、お客さんでごった返していた。が、ガスで気の毒です。

またいらして下さい。

それから約45分、雨の中をロッジくろよんに無事到着。早速乾燥室へ。お疲れ様でした。

お風呂が何よりのすくいでした。

21日 5:48スタート色づいた歩道をダムへ吊り橋が見えてきました。振り返るとダム湖も色づいています。ダムから眺めるこれから向かう黒部峡谷、良い具合に色づいています。水平歩道の入口に戸惑いながらもなんとか黒部川河川敷までたどり着きました。

これからは、次に続く。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ