頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2014.01.31
待望の椅子が届きました

来ました、来ましたsign03

お盆に、安曇野の手造り家具星野秀太郎工房に立ち寄り作成依頼。

待ちかねていた日がとうとう来ました。植物オイルの塗り立てのにおいが真新しい作りたて。お客様との打合せ室にどうしても入れたかった手作りのイス。平成7年に事務所を建てた時には思っていなかった出来事。平成10年に地域材に取り組み始めた頃から手作りの家具、椅子のおもしろさデザインと座り心地に惹かれる。しばらくは無垢の杉テーブルなら自分でも企画できるので設計、製作を自社の大工さんで行っていたが無垢に味のセンスが必要であることに目覚め?無垢の味を生かせるデザインを探索中。

椅子は椅子職人でないと作れないと確信し中途半端にしたくなく、今日を迎えた。出逢いは三女の縁結び。感謝、感謝。スタッフに、娘に、星野さんに。北海道の鬼胡桃の樹をお尻の板に使い、桜の樹をを肘掛け・脚材に使ってもらいました。

普通の椅子よりは5センチ低めに作っていただきくつろいだ姿勢で打合せができるようにゆったりと安定感のある造り(右)。幼い幼児も仲間に入るように座面を高くしたちょっと座ってみたくなる心くすぐるデザイン(中央)。長い時間座っていても気にならない小学生低学年クラスの椅子。

お客様の反応が楽しみです。

次はテーブルの再生が課題?

 

 

 


2014.01.25
富山県建築賞頂きました。

富山県建築賞 住宅の部で入選し、昨日表彰式に出させて頂きました。

一昨年お引き渡しをさせて頂いた 『磯部町の家』

(有)青山建築計画事務所の青山氏の設計で当社の施工、お施主様を含めての受賞です。

つくる人が居て、思いを図面化、それを形にする。施主、設計士、施工者三位一体だから出来た住まい。

選出理由は、

風土に合った作品

設計者と施工者のよい協働の作品

心地よい光の空間を持つ作品

木材の理にかなった利用の作品 という中に合致したものが選ばれたようです。

早速記念写真を撮って頂きました(お施主様はプライベートによりマル秘)。

その後、富山県知事も参加の建築富山新年交流会に招待されました。総勢380余名参加の大きな交流会でした。お施主様と青山氏のお陰でいいものを作らせて頂き、実際工事に携わった生地常務をはじめとする協力業者の方々に協力頂いた賜と思います。

ありがとうございました。これを励みに常により良いものを作っていきます。


2014.01.23
お日様は暖かい

会社の筋向かいの十五丁の家。

今朝も底冷えの朝でしたが10時頃にはお日様でぽかぽか。

昨晩降った雪も溶け、太陽の熱を回収する集熱パネルが顔を出しています。

そう、このお宅は太陽熱利用暖房システムのお宅です。こんな日には太陽の熱をせっせと回収し床下の蓄熱槽に蓄えます。夜はそれを放熱し床から暖かくしてくれます。

太陽光発電ばかりが再生エネルギーではありませんね。今日は啓翁桜のピンク色も可憐です。今晩はとやまの木で家をつくる会の理事会です。来年度に向けての活発な意見を期待したいです。


2014.01.21
啓翁桜満開

先日お客様から頂いた蕾の啓翁桜が満開です。玄関に飾ってありますが、部屋の温度が暖かいお陰でもう葉まで出てき始めています。スイカは真夏の暑い時期に食べるとおいしいですが、啓翁桜は小さな可憐な花で冬でもとっても綺麗です。

涼しいところ(寒い?)においてあると一月位は咲いているそうですが、弊社の事務所は暖かすぎるかな。

綺麗な花をありがとうございました。


2014.01.20
FMラジオの収録取材

昨晩FMとやまのラジオ取材をさせて頂きました。

伺ったのは、富山市内の西尾様宅。6年前に結婚されるためにおじいちゃんの所有だった建物を改修させていただき、昨年はお子様も増えたので先を見越してこども部屋の改修と階段の掛け替え、サンルームの建て出しをさせて頂きました。

ご主人は県産材の無垢材に関心が高く、内装の随所に使わせて頂き裸足で過ごせる暮らしを満喫されています。2歳10ヶ月の柚乃ちゃんと6ヶ月を迎える颯真君の4人暮らしです。奥様も目配りの出来る間取りがとってもお気に入りでした。

楽しい暮らしぶりを聞かせて頂きました。昨年掛け替えて柚乃ちゃんも一人で上がりお降りできるようになった階段でパチリ。快く取材に応じて頂きありがとうございました。2月にオンエアーさせて頂きます。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ