頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2013.10.31
黒部峡谷水平歩道

10月31日(木) 昨日仕事で出て今日は代休。

黒部峡谷水平歩道下の廊下を覗く。奥鐘山西壁の紅葉を見たくて行動。

朝、寝坊で30分遅れて活動。2番のトロッコで欅平駅に。

⒐時26分歩きスタート、最初は登りのみ。ブナの大木が色づいている。

水平歩道の始まり

欅平駅で見た山が真正面に出てきた。右手には長野の何処の山。

雪の帽子をかむると味が違うよう。水平歩道は紅葉の中を歩くようです。本当に岩をくりぬいた歩道です。この中に歩道があります。大変な道をつけたものです。

ついに奥鐘山西壁?が見えました。 絶景です。真正面になる大太鼓までが今日の予定。

つづく sun happy01 happy01


2013.10.30
ストーブ火入れ式

午後から雨が降ってきて肌寒くなりました。

今日は山田地内の改修工事のお宅でストーブの火入れをさせていただきました。

夜、設置工事が完了してから大まかな取り扱い説明後に火入れ。今回はカナダのリージェンシーのストーブです。薪を選ばない扱いやすい薪ストーブです。

鉄板の折り曲げ加工と溶接で作られている。鋳物と比べると熱膨張に比較的強く気密の高い薪ストーブです。今回で2台目の納品です。杉の端材で着火です。

素直に火も着き一安心。

力うどんとおにぎりを頂き,お祝いに栗おこわまで頂きました。

きれいに火が回ったところでおいとましてきました。

ごちそうさまでした。お客様の喜びの顔が印象的でした。

ありがとうございました。


2013.10.29
こどもの城事業遊具の建て方

遅ればせながら富山大学附属幼稚園の遊具を建てることが出来ました。

オール大工さんの手刻みで造りましたので大変手間と時間がかかりました。物件は小さいのですが加工手間の仕事量は8畳の大きさのものを建てるのと全く同じです。

私は楽しく造っているのですが大工さんにはまだ遊び心が伝わらないようです。園と保護者の方の要望は十分に満たしていると思っています。園児の皆さんの手形が彩りをつけていますね。工事中も皆さんで挨拶をされていかれました。子供は純真かつ素直でいいですね。もう遊びたくてたまらないようです。

会社の全体会もあり最後まで立ち会えず今日はここまでの写真です。

明日はネット張りと屋根を葺けば99%完成です。

ただ11月1日に中間検査(実質完成検査)があり申請書類をせっつかれています・・・・・・coldsweats01 coldsweats01


2013.10.28
とやまの木づかい賞審査委員会開催

9月に募集開始した『とやまの木づかい賞』の選考委員会が本日開催されました。

エントリー15物件ありました。西村委員長の挨拶の後慎重に審議されました。

とやまの木でつくった家で楽しく地域に根ざして暮らす家族の暮らしをたたえる賞『木と暮らす賞』

とやまの木を上手に活かし物づくり、技術に貢献された方の『木を活かす賞』

長年にわたりとやまの木や富山の自然を語り続けて歩んでいらした『とやまの木に生きる賞』

また、とやまの木の活用、応用研究、住宅への積極的活用、教育に貢献された方の『特別賞』が選ばれました。

基本、とやまの木の活用に尽力されている方、団体に光を当てもっと、もっと地元の木を活かす方の応援をするという趣旨なので形のきまった基準が無い部分審査員の方々の意見も幅広く聞かせていただく機会も得ました。とは言いながらもまとめていくと審査委員の方々の審査結果は同じ方向にまとまっていました。

公私ともに多忙な方々に審査委員を依頼したにもかかわらず、しっかりと細部まで応募用紙に目配りただいたことに感謝です。改めて見識の広さを学ばせていただきました。

ありがとうございました。また、公表は11月3日です、楽しみに富山グランドプラザでのとやまの木フェスティバルに来場されますことを期待します。

以上、とやまの木で家をつくる会の活動でした。


2013.10.27
恵まれた森林にふれよう

合羽を着てのスタートから始まりましたが雨には遭わずラッキー

紅葉真っ最中のブナ林は元気の源。もっと元気の出るものが大盤振る舞いのキノコ、キノコは手の届かないところが半分以上。

半分天狗みたいな人が多数参加、とは言いながらも初めての感激に喜ぶ人も半分。

2時間近くかけてようやく紅葉の頂上に。皆キノコでピース。 sign02 happy01

弊社の木楽に戻って早速キノコ先生場家さんにより分別。最後の仕上げが山の恵みをいただく。 うーーん天国。

自然に活かされていることに全員で感謝です。今日も楽しい一日でしたね。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ