頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2013.02.26
今日も底冷え

今朝も暖房の入っていない寝室の窓から青空が見える。

布団に入っていても何か寒さを感じる、女房が障子戸を締めて寝たら! と言うのだが朝の明るさを感じたくていまだにこだわっている。先日埼玉へ行ったときに雨戸の閉まった部屋で寝させてもらったら時間がわからずつい寝過ごしてしまった(前夜の深酒のせいもあったのかも・・・)

いつものように窓から撮らず、外に出て撮影。気持ちが良い!! sun

仕事でなかったら上高地へ飛んでいったかも  sign02

お昼に優良住宅協会の役員会があって運転していると立山連峰が非常に良く映えていた。

会合が終わってお客様の所へより、包丁研ぎを依頼される。その後ではもう霞んでいた。

運良く?白鳥がそこへ飛来してきた。

その後、明後日取り付ける後付け内窓の下地の加工に向かった。

今日は気持ちの良い一日でした。 さてウォーキングに行くかな!


2013.02.24
上高地散策

どんどん走っていく内に神岡の雪が異常に多いのに気づく。いつもは減っていたのに不思議な年です。

今年は北海道でも青森でも最深積雪の更新があり異常のよう。温暖化で騒いでいる内に別な要素も活動しているようです?

総勢8名で河童橋を目標に歩く。

大正池は2月末だというのに水面が半分ほどしか見えていません。寒いのかな?

風が比較的強く、早速背を向けます。

冬の上高地は初めての方が殆どでしたが、上高地のブリザードツアーを堪能いただきました。

田代池の水は肌寒いほどに澄んでいました。

河童橋は断念して、田代橋の案内コーナーで他のグループの方々と共に風を避けながらカップラーメンタイム。帝国ホテルの方へ廻って帰路へ、他のグループも同様に折り返します。今日は凍てつくという言葉を身体で実習。指が寒さで痛いという事を初めて経験。 長生きはする物ですね。

青森まで行かなくても出来たブリザード体験。平湯の森の温泉が何よりのご馳走でした。

みんなで上高地のブリザードを体験しにいこう! 貴重な体験、ありがとうございました。


2013.02.23
おじいちゃんの木

おじいちゃんの育てた木をいただいて家のどこかに使いたいと言うことで昨秋伐ってもらって製材所に預けてある木を検分に行きました。

どのように使えるか見たいと言うことで木の癖とか成り立ちなどをお話ししながら製材するときの木取りなどを野村製材の社長に講義頂きました。

丸太は工場の木と混ざらないように別の土場においてありました。野村社長の配慮で、ありがたいです。

せっかくでしたので実際の製材作業も見て頂き、木のお勉強。

当社で使う柱は12センチ角が基本なので、まず13.5㎝に挽いて乾燥し、その後モルダーにかけて12㎝に仕上げるというお話も織りまぜながら山の木が製品に至までを知って頂きました。

こんな経験はとやまの木を扱う当社ならではの体験ですので、大変喜んで頂きました。

また一組とやまの木のファンが増えました。


2013.02.22
黄綬褒章受賞記念祝賀会

村田清定氏の黄綬褒章記念祝賀会に出席させて頂きました。

富山県優良住宅協会の相談役でもあり、私達協会の役員が発起人となり今日の祝賀会となりました。社会に貢献された方にしか当たらないものだと聞いていますので縁のない私はしっかりと眼に焼き付けてきました。授賞式では間近で天皇陛下にお会いでき感激だったそうです。

これからも私達後進のご指導よろしくお願いします。

おめでとうございました。


2013.02.21
筑波山

日本百名山の一つ、茨城県の筑波山を登らせてもらいました。

女房の遠縁のからみで埼玉へ行く用が出来、せっかくならと近隣の山をチェック。両神山が候補に上がったのですが冬山の危険を感じて四六のガマで有名な筑波山を選択、17日にトライ。幸い好天に恵まれて頂上付近は凍り付いて七転八倒の様相でした。

男体山と女体山の二山からなる独立峰のようでした。

筑波山神社にお参りしていざ登らん。

比較的歩きやすい登山道です。

まずは男体山。低い山ですがやはり雪がありました。樹木が随所にあり眺望は80%かな。次は女体山へ。

ガマ石という石あり。

女体山は眺望200%。

久しぶりで息切れ!

怖い下りも過ぎたところで弁慶の七戻りの石?良く落ちてこない物だ。

これくらいの雪が丁度良い。

終点間近で白蛇弁天様、財が溜まるとかで念入りにお参り!

最後は四六のガマを拝んで帰宅。前足4本指、後ろ足6本指まさに四六のガマだった。

良く利くだろうとガマの油の薬?を購入。今年の初登山の始まりでした。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ