頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2012.11.29
ぶらり 京都歩きⅠ

27日、お天気の良い京都へ歩きに行こうかな。十日程前であったが宿が取れたので朝、出発。宿の東本願寺そばのとなみ詰め所近くのコインパークに車を止めてバスで修学院離宮方面へ。これが予定外で一時間あまりをバスに揺られた。

修学院離宮は事前予約が必要と言うことで門前払い。ではと、赤山禅寺からスタート。

次は曼殊院門跡。

さすがに京都の晩秋です。前がつかえていて写真を撮るのも根気がいる。

その後圓光寺、詩仙堂と廻るが、残念。閉館時間で入れず。銀閣寺も門を拝んできた。

引き続き暗い哲学の道を歩き続ける。

が、ライトアップに会わない。

暗い中で多分綺麗だろうとシャッターをきる。相当からだが温まる。

ようやく永観堂のライトアップに出会う、最初はこの人混みは何?と思ったら入館の行列だった。

ライトアップすると幻想の世界ですね。

余韻を胸に南禅寺に足が向く。ここは建物から眺める庭を拝観。

時々、お月様も絡んで演出効果倍増。

今晩の観賞はここまで。さあ、これから宿まで歩きです。

何とかたどり着いたのが九時過ぎ、それから食事に出かけて、お風呂をいただいて。

締めて今日は27,629歩も歩かせていただきました。   お休みなさい。


2012.11.27
外観を披露

婦中町ひまわり台の住宅にバルコニーが出来ました。カーポートとアプローチの土間が出来ればほぼ完成です。

オプションで1階テラスにウッドデッキと芝生があれば完成形です。少しずつ手を加えて仕上げていくのも楽しみの一つ。

この次ぎは内部をお見せします。

無垢の木の家で快適に暮らしませんか? ただいま分譲申込受付中です。


2012.11.25
立山と共に

感謝祭の感動を胸に事務所へ向かう道中。

ちょうど立山連峰に夕日が射し始める。そう対局することがないので慌ててどこかいい場所は?と頭を巡らす。

丘の夢牧場へ走る。何とか間に合った。

僅かな時間の流れ。

今日は朝から、富山を実感。

感謝祭で人を実感。

まさに富山と暮らす醍醐味かな?  


2012.11.25
楽しかった感謝祭

朝、快晴の剱岳を眺めて今日はたくさんの方が来場されるぞ-。と楽しみになりました。

網戸の貼り替え講習から始まり、恒例の餅つき大会。

結構若い方でも家でついていたという方もあり、あっという間に4臼搗き上がりました。

搗き上がった餅をちぎってまぶすのも大忙し。おろし、きな粉、あずき、胡麻など数たくさん。

記念日抽選では3名の方がケーキをゲット。ビンゴ大会は2~4位が重なりじゃんけんほい。

ワクワクの時間ですね。

子供を預けられたお父さんは子供達とキノコの菌打ち。

親子で楽しいスイーツデコレーションつくり。

お腹が一杯のはずなのにたこ焼きコーナーも人気!

ツリーコーナーでは杉の木の皮むきに余念がありません。

子供達は風船の刀でエイ、ヤー。

清水棟梁はお客様の包丁研ぎに余念がありません。たくさん集まり終了までに間に合うかな?

うちの婿さんは惇平君を背中にキノコのホダ木作りに奮闘。

音川の古代米を混ぜたそばうちコーナーも最後まで賑わいました。今晩はご主人手打ちの美味しいそばが食べれそう。

たくさんの方々に参加頂きありがとうございました、おかげさまで盛況に終了させて頂きました。

又、裏方としてご協力頂いたスタッフの家族の方々、協力業者の方々、本当にありがとうございました。

お陰様、御陰様の1日でした。


2012.11.24
屋敷林伐採計画

砺波は散居村の風光明媚な田園風景とあづま建ちで有名ですが、その屋敷の防風林の役目をしていたカイニョと呼ばれる木が大きくなりすぎ、逆に近年の強風で倒木の恐れがで住宅に損害を及ぼす危険が増えてきました。

今回そのような相談を受けて木を伐るのとその木を活かしたいと言うことで伐採計画を実行する運びとなりました。樹齢100年を超す杉の木を3本、ヒバ1本、100年足らずの杉2本+60年前後の杉の木5本そして屋敷まわりの雑木。

樹齢200年くらいと思われる木もあり、神が宿っているかも知れません。そこで樹の命を頂くにあたり昇神して頂くために神主さんにお祓いをして頂く運びとなり昨夕同席させて頂きました。

家(その土地の)の氏神様をまつり、その後杉の木のお祓いをして頂きました。

 

さすがに暗くなって神様のお姿は拝見できませんでしたが、昇神されたと思います。happy01

伐採の折にはしっかりと年輪を数えたいと思います。

今日は総動員で明日の感謝祭の準備。しっかり準備万端となりました。

お天気も良さそうですし是非いらして下さい。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ