頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2012.02.29
またまた東京です。

29日 10時から宅建協会富山支部の執行部会。年度末になると作業が増えます。

次年度から公益財団に向けての予算組となり内容も変わり、規約も変わるため少し煩雑かな。

午後2時から富山県宅建協会の理事会で暴力等対策協議会、県警と富山県の住宅課から出席いただき協議。

暴力団対策法が出来、官民一体で取り組んでいる成果が出たのか、昨年は県全体で約8,000人の減になったとのこと(22年度は78,600人いたと事)少しでも減って安心して暮らせるようにしてください!

会議終了後あわててJRに乗る。

明日は、『これからの地域住宅を考える』講演研修が東京であり参加予定。講師のアルセッド建築研究所の大倉副所長と久しぶりに今晩は杯を交わしました。

11時頃までお互いの近況を語り合いました。また色々とアドバイスもいただきありがとうございました。


2012.02.28
毎日会合?

今日は、t-woodの例会

昨日の地域型ブランド事業の説明会をうけての内容説明。

今後の活動の方向性と情報のやりとり。

なんだかんだで、もう10時近くになっていました。

今日現在での地域型ブランド事業に参加表明工務店は12社。

明日の晩は東京です。


2012.02.27
地域型住宅ブランド事業-3

説明会その2に参加

どのような形で申込みをすればいいのか、参考講習会があり村田さんと二人でまたまた、東京まで上京。

下調べもしないで直行したので時間ぎりぎりに講習会場に到着。

今回は以前の倍以上の聴講者です。それだけ関心が高いのだと思います。

より質の高い住宅を提供できる工務店を増やすと言う政府の方針だと思いますのでより多くの小規模工務店が参加し、技術を高め仲間を増やすことで地場に長く活躍出来る工務店として存在することが私たちの使命のように思います。

申請したから認可されるものでもありませんので仲間と協同でより地域性を強調してルール作りをしていきたいと思います。

やはり、同じ思いを持った工務店を10社以上集めると言う規定が一番のハードルになる予感がします。

小さな日本の国でも、新潟の十日町から越後湯沢にかけての雪の量を目にし、次の駅の高崎までいくと裏と表の差。片や吹雪、片や青空。ちっちゃな富山県内にもこの温度差がないことを期待したいと思います。


2012.02.25
7軒目の取材

今日はラジオ番組FMとやまの頼成工務店コーナーの取材でした。

毎週月曜日、ちょっとからだにゆとりを持たせる時間帯午後2時25分からの時間帯の放送枠。

住んでいらっしゃるお宅を訪問して建築のきっかけから出会い、工事中、完成後の暮らしなどをお施主様と今井アナ、私などと当時を振り返りながら家づくりや暮らし、建築後のお付き合い等々楽しくお話しする番組です。

今日も2時間ほど楽しく話が弾みました。帰りに手焼きのパンをお土産に頂きました。

3月は平成17年に建てて頂いた砺波の川渕夫妻のお話です、是非ラジオに耳を傾けて下さい。

私以上に弊社のコンセプトを語って頂き脱帽でした。coldsweats01

結婚当時からの夢の実現のお話です。heart04  happy01


2012.02.25
やはり多い雪

除雪の帰り、牛岳の家に寄ってみる。

さすがにスキー場の麓とあって雪が多い。

除雪跡でも車の丈より多い。さてどこから上がろうか。

例によってかんじきを履いて上がる。いつみても絵になる建物です。自分も欲しくなるくらいです。

ここも2~3日前ならば屋根につながっていたかなという感じです。雨だれ跡が綺麗な直線を描いています、水のエネルーの強さかな?床下の薪まで雪がかぶらなければよいのですが・・・・

反対側の外観写真を撮ろうと思っていたら、電池切れ。残念!weep 下まで下りて戻ってくる元気もなく退散。

昨日は除雪で筋肉痛です。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ