頼成工務店HOME < らいじょう日記

らいじょう日記

2011.12.31
平々凡々

朝、起きて

神棚の供え物を新しいものと取替、お札を新しくし、

床の間に、息子の天神さまと私の天神さまを掛け

あちこち掃除やら片付けをし、

よく山へ行かせてくれた車を久しぶりに洗って

いつもと同じ大晦日を迎えることが出来ました。

お陰様ですね、今年も一年無事に過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。いつもと同じが一番ですね。


2011.12.29
ちょっと京都まで-2

朝、6時半から散策。円山公園隣の太谷廟の参道に引き寄せられて廟まで歩いてしまいました。

黒と金の配色が日光東照宮によくにた色合いでした。

 

 

 

その後ねねの道を通り、高台寺、二年坂、産寧坂へと進み清水寺まであっという間でした。

清水寺は朝7時過ぎからでもしっかりと入館料を取られました。それだけ人の動きがあるのかな?

改修工事が始まったようで建物の上屋(建物を仮設の建物で覆う)工事の最中でした。感心したのは木材のトラスを組んでいたことでした。

朝の散歩はこれで終わり、ホテルに帰って朝食。

これからぶらり旅。前回寄れなかった知恩院、圧倒される山門です。

正月を前にして、改修工事盛りです。ここも本堂はお預けでした。が、娘にと数珠を購入。

お香を求めてまた二年坂へ。『堀川』を買い求めます。1月1日から値段が倍になると聞いて一箱余分に購入。別のお店で『加茂のせせらぎ』も購入。

一息入れに、イノダのコーヒー店に立ち寄る。女房の機嫌取りに『アラビアの真珠』というコーヒーを購入。今日最後の目的地、涉成園へと鴨川縁を歩きながら向かう。途中で寿命長延の柘榴を発見!

芯の無くなった柘榴(ざくろ)の木にしっかりと実がなっています。生命とは不思議ですね。

ようやく涉成園にたどり着きました。

長い土塀ですぐにわかりました。瓦を上手く利用して耐候性と見栄えを保っています。

冬の庭園もおつなものです、欲を言えば雪があればよかったかな。

よく歩きました、23,846歩 。

家に帰ると雪が迎えてくれました。何かほっとする瞬間かな? 


2011.12.28
ちょっと京都まで-1

今日から正月休み。

ふらっと、京都へ向かいました。高速を走りながら富山の冠雪した山々が青空に映えてとてもきれいでした。

石川、福井と通りましたが、富山の景色に勝るところはないようです。

京都は祇園を軸に動く予定、腹ごしらえは評判のお店でカレー肉うどん。おいしかった!。つまつま散歩、まずは白川通り。

街並みが統一されていて整然としています。

その後、八坂神社へ。

花見小路通りを建仁寺へ。この界隈は建て方が統一されています。さまのこが家の顔になっているよう。

 

 

いろんなデザインがあります。

建仁寺は一日まで休眠中でした。

夜はまた、花見小路通りへ。さまのこから漏れる明かりがきれいでした。

今日の万歩計は16,119を表示していました。殆ど歩きっぱなしでした。


2011.12.25
ホワイトクリスマス

今朝はしっかりと雪景色、積雪30センチ。窓からの景色も冬本番です。

家の窓からはしっかりとホワイトクリスマス。

今朝はしっかりと降りました。朝、急遽除雪機を動かそうとしたが走行装置がうまく作動せずそのまま出勤。

会社のモチノキの実が赤く目立ちます。

裏口のハナミズキの赤い実を鳥が食べに来るようです。

今日は出動1回、OMソーラーの暖房ボイラー作動せず。

夏期に一度は動かしてもらっているのですが今回は忙しさに紛れたようです。

強制点火で稼働、リモート操作でもうまく動くようになりました。これで一安心。

木楽でお泊まりの方が今朝は雪で大変だったと行って帰ってこられました。しかしクリスマスイブは雪が情緒を醸し出してくれたとのこと、薪ストーブもしっかり働いてくれたようです。

積雪が心配で、事務所の融雪ホースを段取りして設置。ひとまず安心かな?

明日までに平野部で45㎝?との天気予報、山沿いは75㎝とか。 snow

私の家は明日までに雪に埋もれそうです。早く帰るかな snow  shock


2011.12.25
堀川本郷の家

昨日24日は、大雪情報の中わずかな晴れ間がありました。

クリスマスイブは楽しく過ごされましたか?

1月28.29日に見学会をさせて頂く堀川本郷の家が仕上げに入っています。先日外部の足場をはずしこれから外構が始まります。

日当たりの良い南側のバルコニーから居間に向けて暖かい日差しが差し込みます。薪ストーブの煙突も見えます。

内部は漆喰とストーブ廻りの石張りで左官工事真っ最中。年明けにお施主様の壁塗りもあります。

この部屋の天井は越前和紙を貼りました。

檜で造った2階のバルコニーからは立山連峰も垣間見ることが出来ます。

富山と暮らす一つのこだわりですね。


らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ