頼成工務店HOME < 完成物件一覧

頼成工務店の完成物件一覧

2012.03.25
【高岡の家N様邸】動画でアップされました

高岡の家の内部のイメージが動画でアップされました。

北日本新聞のホームページです→→動画はこちら


2011.10.22
【高岡の家N様邸】引渡式

今朝は降り込む。

少し小雨のぱらつく日となりましたが、高岡の家の引渡をさせて頂きました。

最初に工事させて頂いた近隣の皆様へのお礼も兼ねて掃除をさせて頂きました。

記念植樹は姫沙羅を寄贈、土を掛けて頂きました。この家の方の暮らしを見守ってくれることを期待します。

その後テープカットをして頂いて新しい家に入って頂きます。喜びの一瞬ですね。

施工に携わった方々は全ての方が竣工後を見ているわけでわ無いのでぐるーっと内覧会です。

その後、手作りの桧のテーブルを囲んで、仕上がりまでのエピソードなどを交えてお話を頂きました。お施主様との会話ははなかなか無いのでお施主様にも喜んでいただけたと思っています。

最後に記念写真を全員で撮らして頂きました。

ありがとうございました。これからのお付き合いを楽しく行っていきたいと思います。 happy01  heart04


2011.10.17
【高岡の家N様邸】実りの秋 ありがとうございました。

お天気にも恵まれ、たくさんのご来場を仰ぎ実りのある見学会でした。

写真でお見せできなかった部分を少し掲載しました。1階、2階とも90㎝と軒の出を深くし、夏の暑い日差しを遮り、冬の暖かいお日さまを取り込む設計をしました。

リビングと一体の和室も使い勝手が良さそうです。2.7mの桧のテーブルも好評でした。

秘やかにおとなしく目立たないようにしつらえてあった栃の木の飾り棚がおとなしく落ち着きを醸し出していました。

ご来場ありがとうございました。無垢の木の家をご希望の方は是非当社を覗いてみてください。

和紙の壁も好評でしたよ。


2011.10.14
【手作り家具】【過去のニュース&トピックス】【高岡の家N様邸】手作り家具の納品

高岡の家にテーブルが入りました。

先日見ていただいた桧の板でテーブルを作成。明日の見学会に間に合いました。

長さ2.7メートルの代物です。さすがにリビングにどーんと居場所を構えました。

一緒に、注文以外の座敷テーブルも展示しました。こちらはカツラの木と杉を組み合わせました。

一緒に気に入っていただいたスタデイルームの杉ベンチ長さ1.9mも納めさせていただきました。

テーブルの杉板とも良く合います。

家具も一見の価値がありますよ。

これで大きなリビングも落ち着きを見せました。和室続きなのでこの2.7メートルのテーブルは日頃はリビング、和室を利用するときは2人で移動。一台二役のために大きくされました。無駄なく良い物を求める。暮らし方の第一歩ですね。

明日15・16日お施主様の厚意で見せていただきます。詳しくはこちら→20111015高岡の家内見会


2011.10.11
【高岡の家N様邸】床塗りもしました。

お客様と共に造りあげる住まい。

最後の仕上げ、無垢の杉板のフローリングに自然オイルの塗装をして頂きました。

壁を塗ったりテーブルの作成の板選びなど家づくりが面白くなってきたお施主様、今日は最後の仕上げの床の塗装でした。今日はご兄弟と3人です。

今まで家づくりに関心が薄かったご主人が今は一番楽しみな家づくりの参加です。

洗面台も既製品を選ばず、手作りとしました。

深い軒の出の下に濡れ縁も出来上がりました。

11月15・16日の内見会が楽しみです。20111015中川邸内見会


2011.09.10
【過去のニュース&トピックス】【高岡の家N様邸】家族で壁塗り

高岡の家の工事が順調に進んでいます。

お客様と共に造りあげることを信条にしていますので、お客様の参加は大歓迎です。

大工工事も終了し、今日はお施主様の壁塗りの日です。ご夫婦のみかと思っていたらそれぞれのご両親様やご兄弟の方も参観?

漆喰の下地塗り作業を始める前にまず、木部に汚れが付かないように養生から始まりました。

まずはご主人からスタート。先に木楽での壁塗り教室もありなかなか上手な手つきです。

次に奥様、引き続きお父さんも参画。

手が疲れてきたようで、うちの浅野君にも声が・・・

最後はお母さんも経験、妹さんも楽しそうでした。

たくさんのギャラリーの中で賑やかに下地塗り作業が終了しました。happy01

お疲れ様でした。12日の午後から仕上げ作業も行います。


2011.09.08
【高岡の家N様邸】足場解体 外壁が仕上がりました。

外壁のリシン吹付けが終わりました。

道路側の外壁にはアクセントで木製の縦格子を取付ました。
なにもなかった外壁面がおしゃれになりました。色と位置のバランスも良いですね。

次は外構の工事に入っていきます。


2011.08.25
【高岡の家N様邸】現場進捗状況

外壁の塗装が終わりました。

無塗装の窯業系サイディングにアクリルリシンを吹付けています。

内部は天井に杉板を貼っています。
画像奥に見えるのはキッチンと脱衣室、浴室を仕切る壁で、壁内に当社自家製の炭を入れています。炭には調湿効果があるようです。

最近は天候があまりよくないので無事外壁工事が完了して安心しました。
内部も着々と工事が進み、現在は大工さんが作りつけの家具を製作しています。


2011.08.18
【高岡の家N様邸】断熱材の吹付完了

現場発泡の断熱材(硬質ウレタンフォーム)の吹付け。

壁は75ミリ、天井は140ミリ、屋根面は160ミリの厚みで吹付けます。


外部は無塗装のサイディングを貼り終えました。
コーキングも終わり、後は仕上げのリシンを吹付けるのみです。

内部は床のフローリングを貼っています。
1階は30ミリ、2階は15ミリの県産材の杉フローリングです。

暑さの厳しい時期ですが職人さん達のおかげで順調に工事が進んでいます。
ありがとうございます。


2011.07.22
【高岡の家N様邸】瓦が葺き終わりました。

12日に建てさせて頂いた後、瓦工事も終わりサッシの取付作業に入っています。

最近は、瓦の棟は雪害や風雨に影響されにくくするために低く抑えています。

建物の外観によって、丸棟と三角棟とを使い分けています。

我が社の軒先の出は原則90センチ出すことを基本にしています。こうすることで外壁の損傷を少しでも抑え、夏の暑い日差しを遮り冬の日差しは十分に差し込めるようにしています。これだけででも、夏涼しく冬暖かい家の基本を構成できます。プラス、屋根断熱を厚くし屋根瓦の下に空気が流れるように屋根通気もあわせて行います。もちろん外壁通気は当然です。

最近は、庇のない家が多くなってきているようですが外部のメンテナンスを考えると雨の多い富山では如何なものでしょうか?

軒の出は建物のデザインにも大きな影響を与えます。このお宅は南面の屋根を一続きとして見せました。

7月31日(日)AM10:00~PM6:00に構造の見学会を行います。

とやまの木で造った骨格を見に来て下さい。自信があるからお見せできます。


ページの先頭へ