頼成工務店HOME < 完成物件一覧

頼成工務店の完成物件一覧

2015.07.17
【氷見の家】完成

3月の上棟から工事を進め、無事完成し引渡をさせていただきました。

s-RIMG0874修正 
ブラックと淡いグレーを基調としたシンプルな外観  木製ドアがアクセントになっている。
s-RIMG0867修正
芝生の成長が楽しみ

s-DSCN2495修正    s-DSCN2486修正
内部も白を基調

 

 


2015.06.14
【氷見の家】完成間近

外観もほぼ仕上がり、内部も内装、照明がつきました。
外観、内装ともシンプルな色づかいで、木がアクセントになっています。
これから外構に入りますが、梅雨を迎え毎日天気の顔色をうかがう毎日が
続きます。

s-DSCN2477(修正)   s-DSCN2472(修正)   s-DSCN2473( 修正)


2015.05.22
【氷見の家】大工検査

大工さんの工事も終盤になり、社員で建具枠の収まり、PBの張り具合、棚の収まり等を検査しました。訂正すると所を今のうちに直しておかないと、仕上がりに影響いたします。

s-DSCN8003

 


2015.03.28
【氷見の家】ホウ酸で防蟻処理

環境に良い家づくりの為、防蟻処理にホウ酸(目薬の原料)の防蟻処理剤
エコボロンを使いました。
元々、土台には桧を使い、防蟻には気を配ってきましたが、人に安全な
エコボロンでより防蟻対策を施します。

構造用合板エコポロン塗布  作業終了02

エコボロンの詳細はこちら

 

 


2015.03.23
【氷見の家】天気に恵まれ上棟

前日までの雨が気がかりでしたが、天候に恵まれ無事上棟できました。
まず、お客様と一緒に朝礼をして工事の安全を心がけます。
s-DSCN1648

では、家が建つ過程をご覧ください。
1階の柱を立て、2階の梁を架けていきます。
s-DSCN1654

2階の梁を架けた後、2階の柱を立て小屋梁を架けて行きます。
s-DSCN1662 s-DSCN1664
s-DSCN1672

この建物の小屋梁には一部登り梁を架けています。
s-DSCN1665

最後に屋根の野地板を張り、無事上棟いたしました。
明日も晴れの予報ですが、お客様の大事なお住まいです。
念のため野地板には雨露を防ぐためブルーシートで養生します。

s-DSCN1684 s-DSCN1685
上棟の後は、屋根を葺き、サッシュを取付等外部工事を進め、建物内に雨が吹き込まないようにしてから内部の工事にかかります。


2015.03.06
【氷見の家】基礎工事と木材検査

基礎工事が始まりました。
砕石転圧、防湿シート、断熱材を敷き込みます。
その後配筋をし、検査後ベースコンクリートを打設します。

s-RIMG0100

 

 

 

s-平成27年3月3日

 

 

 

 

建て方に向けて木材の検査をします。強度に影響する含水率、寸法、割れ等を
検査し、適応しない材料は入替ます。
建て方時には、間違いの無い材料が搬入されます。

s-RIMG0126

s-RIMG0131

 


2015.02.13
【氷見の家】地盤改良工事開始

地盤調査をし安定した地盤でしたが、
盛り土もするため安全を考慮して地盤改良をしました。
今回は、H型のPC杭で施工です。
搬入から約2日間で完了しました。
これから、盛り土周辺の擁壁を施工してから、建物の基礎工事にかかります。

 

擁壁用の根切りです。


2015.02.02
【氷見の家】改修工事が完了しました。

昨年の暮れから、新築工事に伴う既存のお住まいの改修が終わりました。
玄関は、路地風のしつらえに
夜は床下の関節照明が映えます。


2014.12.19
【氷見の家】解体完了

約1週間で、解体が完了しました。部材ごとの解体なので時間がかかりますが、
解体した材料も再資源として活かされます。


2014.11.21
【氷見の家】解体工事開始

既存のお住まいの一部を解体改修し、解体した所に新築のお住まいの工事が始まりました。


ページの先頭へ