頼成工務店HOME < 新築物件(建築中)一覧

頼成工務店の新築物件(建築中)一覧

2016.12.26
【上袋の暮らし】新しいお家が完成しました




7月から工事をさせて頂いてます上袋の家が完成しました。
年内完成を目標にスタッフ、各業者さんと頑張りました!

DSC_5084DSC_5094


木をたくさん使いつつも、スッキリと落ち着いた空間となり
住む人を自然と笑顔にしてくれます。

DSC_5104DSC_5139


とやまの木のぬくもりに包まれ、新しい生活の始まりです。





2016.11.29
【上袋の暮らし】仕上がり間近

大工工事が終わり、内装の仕上げに入っていきます。
和紙クロス・漆喰などカラダにやさしい素材で仕上げていきます。

DSCF1972
DSCF1941
DSCF1942

なんと、お風呂はハーフユニットバスとなっており壁・天井が
すべてヒノキの板張りになっています。
一歩足を踏み入れると、ヒノキの香りがしてとても癒されます。

DSCF1927


2016.11.20
【上袋の暮らし】外まわりできました



外壁は、下屋の部分が天然オイルを塗布した杉の羽目板を使い
母屋は無塗装のサイディングを張り、リシンを吹き付けます。

DSCF1809
DSCF1808


正面左側には、車2台が止めれるカーポートを建てました。
雨・雪が多い富山では必須ですね。

DSCF1983


リシン吹き付け・正面の土間が仕上がり、とても見応えのある外観が
できあがりました。
土間はしばらくお休み(養生)させます。


DSC_5076


2016.11.05
【上袋の暮らし】順調な大工工事

外部まわりを透湿防水シートでしっかりと包みます。
これで雨の心配もなく、中での作業ができます。

DSCF1773
外壁まわりの間柱や筋交いを入れ、断熱材を吹き付けます。
断熱材のおかげで、夏は熱を遮り、冬は冷たさを防ぎます。


DSCF1818

断熱工事が終わると、壁・天井下地をしてプラスターボードを貼っていきます。
壁・天井の一部では杉の羽目板を使っていて、すこし雰囲気が変わります。

DSCF1857


2016.09.15
【上袋の暮らし】~上棟日和~


雨も降らず、日差しも強くなくとても
作業しやすい日になりました。

DSCN5537


この家には、去年の春、山田でお客様と
一緒に伐採した杉の木を使います。

その大きさは8寸(24cm)角です。
とても存在感があります。

DSCN5548


大きな柱・梁がありましたが、順調に作業は進みます。

DSCN5558


夕方ごろには、屋根の防水紙も貼り終え、
待ちに待った上棟式です。

お客様にとって初めての経験で緊張されて
いましたが、とても喜んでもらうことができました。

DSCN5565


ページの先頭へ