頼成工務店HOME < らいじょう日記一覧 < 爽やかなブナ林と遭遇

らいじょう日記

2014.09.11爽やかなブナ林と遭遇

登山口が土砂崩れで解らず立ち往生。

何とか狙いを付けて登山、最初は難儀な杉林がつづく。救ってくれたのはのびのび育ったギンリョウソウ群また、チラッと展望が開けたところで散居村。扇山を過ぎて赤祖父山の頂上を目指すが頂上らしきものがない。無い! ひたすら歩く。

すると若いのびのびとしたブナ林に遭遇。一同感激。柔らかいクッションのある遊歩道を軽やかに歩く。頂上の目印を諦め、ブナ林で昼食。何とも言えない爽快さです。

気になるのは時折打ってある道宗道の木杭、全て熊の爪痕が着いていました。帰路は雲も無くなり、展望は富山湾まで一望。新湊大橋がくっきり。熊との遭遇もなく無事に帰還、何とかして欲しい登山口の案内看板。

別の登山口もあるのかな?


一覧に戻る

らいじょう日記最新記事

らいじょう日記カテゴリー

らいじょう日記アーカイブ

ページの先頭へ