頼成工務店HOME < お客様の声一覧 < 富山市Y様

お客様の声

富山市Y様

OMソーラーとの出会いは?

仕事の関係で各地を転々としておられたご家族様。
いつかご主人様が定年を迎え、子供たちも自立したころ、二人で暮らす家を建てたいと思っておられた奥様でした。ふと目に留まった住宅見学会の広告に心惹かれ、何気なく出かけていったのが、OMソーラーの家でした。
太陽熱だけでこれだけ床暖房できるなんてすごい!
これはとっても経済的でエコだわ!
そしてたくさんのOMソーラーの家の見学会にせっせせっせと足を運び、知識を深めていきました。

OMソーラーの家を建てる

そしていよいよご主人の定年も間近になり、生まれ育った富山の地で家を新築することに決めました。
話を進める中、たまたま偶然にも、富山でもOMソーラーの家があるって聞いてビックリ!
それなら私たちの住む家も、OMソーラーで建てよう!と決断。
ご主人様もシステムがシンプルでメンテナンスもかからないからいいね。といって賛成。

住んでみての・・・ギャップ

ところが、久しぶりに経験する富山の厳しい冬。
とくに1年目はひどい大雪に見舞われて、とにかく寒くて寒くて、早くこの寒さにもなれないといけないと思いながら、ついつい温度を上げて気がついてみると、通年を通して1100Lもの灯油を消費。
これはさすがにビックリ!
そこで、2シーズン目からは、普段あまり使用していない部屋の吹出口をふさぎ、風量を調節しました。
さらに朝晩のみ灯油で補助暖房をし、床暖房に必要なコンクリートの築熱を維持し、エアコンで室温を調整する工夫をしてみました。
そして太陽が出たときは、補助暖房を切り、お湯採りをしてみました。
とにかく温度調節をこまめにすることにより、ナント灯油の消費量は、半分になりました。
今は、温度調節のため、床の温度・室温等のデータを採取しています。


お客様の声一覧に戻る

ページの先頭へ